【ヒストリー】05.直流と交流②~電流戦争~

エジソンが考案した直流配電方式は米国の標準となり
莫大な特許権益をもたらしましたが、
電気の使用量が増加するとそれに伴う
電圧降下の問題が大きな障害となり始めました。

1887年エジソンの従業員であったテスラは
交流発電機(Alternator)、変圧器、交流電動機等を発明し、
直流方式の問題を交流方式で解決しようと
エジソンに提案しましたが断られてその後退社しました。

早くから交流技術に取り組んでいた
ウェスティングハウス(発明家・起業家)は
テスラの発明を真っ先に認め、
特許を高額で購入して交流方式を商業化したため、
エジソンの直流方式と真っ向っから対立することになりました。

交流方式の優位性と特許権益の行く末に
大きな脅威を感じたエジソンは、
歴史に汚点を残すようなネガティブキャンペーンを繰り広げ、
両者の対立は「電流戦争」と呼ばれるほど激化しますが、
この争いは交流方式がナイアガラ瀑布の
水力発電所で採用されたことで決着が付きました。
そしてこれが世界最初の長距離送電になり、
現在の送電技術の土台となっています。

◎テスラの発電機と設備
https://homepage-town.jp/mikado-d/reference/201407.html#history

テスラの発明は、エジソンが
「交流方式を完成させたら$50.000のボーナス出す」
と約束したのがきっかけと言われています。

その後エジソンは「冗談だった」と、約束を反故にし、
ここから確執が始まったという見方も。
エジソンは高等数学を学んでいないため
難易度の高い交流方式の計算ができず、
数学の才能を持っていたテスラに
ジェラシーを感じていたのかもしれませんね。

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする