人の見てないところで

毎月月初めに投稿しているこのブログ、前回はちょっとさぼってお盆明けの投稿でしたので、あっという間に締め切りが来てしまいました。
人間、サボるとろくなことがないですね。

というわけでネタ切れの今回は、だいぶ恥ずかしいですがこれまであんまり人前で語っていない私の長年の習慣に関して書いてみます。

そうですね東日本大震災より前からなので、10年以上立つでしょうか、ある人から「ツキが良くなるよ」と言われて始めた習慣なんですけど、

「飲食店などの個室のトイレに入ったら、入ったときよりキレイにして出る」

という結構単純なことです。

飲食店のほかはコンビニとか、高速のパーキングのトイレとかでもそうします。

よその会社でトイレをお借りした時もやってますね。

やり方は結構かんたん、トイレットペーパーを少し取ってそれで床や便器の周りをキュキュッと拭き取って流すだけ。

「良いことは人の見てないなところでやるのが大事」と言われますが、そもそも個室なので誰も見ていません。

最初は「ちょっとばっちいなぁ」と思いながらやってたんですが、「あとから入る人が気持ちいいだろうな」、と思いだしてからは密かな楽しみになっていたりします。

長続きのコツは「入ったときよりもキレイ」というところで、ここを「完全にキレイに」ときめていたら多分続いてないと思います。

けっこう「げげっ」となるような状況の時もありますからね(笑)。

これで「ウンがツいた」のかどうかは定かではありませんが、4年前に胃がんを早期発見&摘出できたり、自分にはもったいないような友だちに恵まれたり、嫌なことがあってもすぐに忘れてしまったり(これは記憶力の問題ですね)などなど、こうやってなんとかなっているところを見ると最近どっちか言ったらツイているほうなんじゃないかな、とは思いますね。

ツキのほうはさておくとして、この「ミニトイレ掃除」を始めてから、自分でも変わったなあと思う点があります。

それは、めんどうだったり嫌なことだったりがあっても放置せず、割と早めに手を打てるようになったことです。

社屋や業務車両の早めの改修や、やらなくても今は全く困らない(むしろ面倒なだけ)、しかしオーナー企業としてお取引先や会社の皆さんの将来を考えたらぜったいやっておかなくてはない、会社のホールディングス化に早めに着手できたのは、時にはめんどうだったり嫌だなあと思ったりしている「ミニトイレ掃除」のおかげかも知れません。

(私生活では歯が痛くなったらすぐに歯医者さんに行くようになりました。)

隠れてやる「ミニトイレ掃除」、隠れた仲間を絶賛募集中ですのでこれを読んだ皆さんぜひどうですか?

街全体が清潔になって、きっと皆様のウンも上昇すると思いますよ。

「トイレは無理」と思われる方は「他人のはき物を揃える」「マンションの廊下や、家の前の道路を掃除する」とかそんなことを人が気が付かないようにやってみるのはいかがでしょうか?

「嘘をつきたい時、怒りを爆発させたい時もぐっとこらえる」「なるだけ笑顔でいようとする」

これらも他人には気づかれないで他人を幸せにする「ツキを呼ぶ」行動かもしれませんね。

☆今回締め切りに負けて公表しちゃったので、またなにか新しい「人の見てないところで」を始めようと思います