メルマガ180号 エネルギーマネジメント中学入試問題クイズ(回答)「四大公害病の説明」2021年 淑徳与野中学校(埼玉県)

(このページは当社のメールマガジン ミカドONLINE にて連載している「中学入試に出たエネギーマネジメントの問題」の回答を掲載しているページです。)

問題
工業化を進めていく中、日本では工場からの排出物で四大公害病が発生しました。これについての説明として適当でないものを1つ選び、ア~エの記号で答えなさい。
----------
 水俣病は熊本県の八代海沿岸で発生し、被害者は脳など神経系に障がいを負い、重症の場合には意識不明になる症状にみまわれました。
 イタイイタイ病は富山県の神通川流域で発生し、被害者は骨がもろくなって、せきをしただけで骨折するなどの症状にみまわれました。
 四日市ぜんそくは滋賀県の四日市市で発生し、被害者は気管支に障がいを負い、一度せきが出ると止まらなくなるなとの症状にみまわれました。
 第二水俣病(新潟水俣病)は新潟県の阿賀野川流域で発生し、被害者は脳など神経系に障がいを負い、重症の場合には意識不明になる症状にみまわれました。

(淑徳与野中学校/埼玉県 2021年)

回答はここをクリック
答えは ”ウ” です。

四日市市は滋賀県ではなく三重県ですよね!そっちかー!と思った方、ごめんなさい。でもこれ、本当の中学入試問題なんです。

(問題出典:四谷大塚ドットコム中学入試過去問データベース)

👈 前の問題 次の問題 👉

全問題はこちら
メルマガ登録はこちら

    ♠この記事をお読みになっていかがでしたか?(複数可)
    面白かった参考になった仕事に役立つ普通期待したものと違った面白くなかった

    ニックネーム(任意)